家庭内DVの裁判で証拠にできるものについて

家庭内DVは、自宅の中で起きるために中々周囲にはわかりにくい部分があります。
また、こうした家庭内DVを受けているのが大半が女性になり毎日繰り返されることで洗脳状態になることも問題です。
一番多いのが、家庭内の場合は夫婦間で夫が妻に暴力をふるうことです。
その暴力を受けたときは、一番にすることは逃げることが大切です。
そして、その怪我に対ウェディング08しての医師の診断書をもらうことです。
また、そのときの怪我の写真のも撮っておくと裁判時に証拠として残せるます。
家庭内DVは、暴力だけが該当するのではなく言葉での暴言もそれにあたります。
強い口調で、毎日暴言をされると精神的に体にダメージを受けていきます。
このときに、出来るなら録音テープで録音ができるとさらに証拠としては確定します。
しかし、いつ暴言があるかわからないときは録音ができなくてもあとから、日記やメモでその言葉を残すことで記録となります。
その際に、精神科への受診記録も裁判では証拠として使用ができます。
家庭内DVは、暴力という名前の犯罪です。
あまり、怪我がひどいときは警察へいくことです。
とにかく、1番大切なことは自分の体を守ることです。
我慢をする必要は、ありません。警察でも、保護してくれます。