未分類

弁護人というのは、被疑者または被告人が正当に権利を行使したり、また正当な利益を守ったりするための手助けとなる活動を行う人のことをいいます。
被疑者や被告人というのは、ただでさえ刑事事件で犯罪を行ったのではないかと疑われており、しかも法律上の知識に乏しいといった場合も少なくはありませんので、こうした制度が不可欠であるのです。
この制度においては、基本的には法律の専門家である弁護士のなかから選ばれることになりますが、大きく分けると私選、公選といった区別があります。
私選の場合については、被疑者・被告人本人やその法定代理人などが、個別に弁護士と契約を結んで依頼をすることになります。
いっぽう、公選の場合というのは、主として貧困などによって弁護士を依頼することができないという理由のため、裁判所が職権によって適当な弁護士を選び、その費用は国が負担するというものです。
また、被疑者・被告人は、身体的に拘束されており、外部と自由に文書などのやり取りをすることが原則としてできませんが、接見交通権とよばれる権利によって、これらの弁護士を通じて、面会をしたり、物や文書をやり取りしたりといったことは可能となっています。

刑事事件の裁判で、被告側が無罪、あるいは罪を犯したこと自体は認めるが、検察が主張している流れとは違うということを訴えるのであれば、それが正しいということを立証しなければなりません。
たとえば、無罪を立証するのであれば、事件に直接関わっていないということの証拠品を提出する必要があります。たとえば、どのようなものがあるのかというと、まず物的証拠です。たとえば、被告がある時間、ある土地で犯罪を犯したと検察が主張した場合、被告人がその時間に土地にいなかったことを証明出来れば、当然、犯罪を犯すことは出来ないので無罪ということになります。もし、被告が、別の土地のコンビニに設置されていた防犯カメラに写っているという場合は、その防犯カメラの映像データを裁判で提出すれば、無罪の立証が可能になります。
また、目撃証言も利用出来ます。たとえば、被告が事件が起きた土地とは違う場所で、転んでけがをしたので介抱してあげたという人がいたら、その人が裁判に証人として出廷し、当日のことを話すことでアリバイを証明することになり、無罪の立証が可能になるというわけです。
当然、検察側の証拠には被告の無罪を証明出来る物が含まれている可能性はまずないので、弁護士などが証拠を探して提出しなければいけません。

立証とは、証拠を挙げて事実を証明することを指します。
刑事事件の裁判は、犯罪の証拠を挙げて、それを立証していくというのが主な作業になります。
裁判官は、この立証の状況により、被告人が有罪か無罪かの判決を下します。
立証が確かなもので、被告人が犯罪を犯したことが明確となれば有罪になり、逆に立証が不確かであれば、無罪となるのです。
刑事事件の証拠には、被害者や目撃者などの「証人」、供述調書や捜査書類などの「証拠書類」、遺留品や凶器などの「証拠物」の3種類があります。
検察官は、まず、最初の冒頭陳述で犯罪の証拠を挙げ、その後、挙げた証拠を調べる「証拠調べ」を請求します。
この時、裁判官は、証拠として取り調べをするかどうかについて被告人、弁護人の意見を聞きます。
目撃者の供述調書などは、伝聞であるなどの理由から、原則として、被告人、弁護人の同意がなければ証拠調べに採用されません。
裁判官は、双方の意見を聞いた上で、取り調べを行う証拠を決定します。
そして、決定した証拠を取り調べる作業になりますが、「証人」についての証拠立証は、証人尋問や聴取という形になり、「証拠書類」「証拠物」については閲読、検査といった形になります。
このように証拠を調べて立証するという作業が行われますが、この立証は、被告人、弁護人側でも行われます。
双方による立証の後、論告、求刑などを経て、裁判官により判決が下されることとなります。

訴訟を行なう場合には証拠が重要になります。それは、契約書、領収書などを意味し、証拠がしっかりとしている場合には勝訴の確立も高くなります。相手が代金を支払ってくれないなど、約束が履行されない場合、最初から支払督促や民事裁判での訴訟に踏み切っても構いませんが、通常は、その不履行内容を内容証明郵便にて送付する場合がほとんどといえます。手紙に書いた内容が法的な強制力をもつものではありませんが、送付することにより相手側に心理的な同様を与えることができることや、訴訟になった場合には証拠として扱われるという効力があります。また、送付の場合には必ず、配達証明付で送ることです。そうでない場合、相手側が受け取ったという証明ができず、内容においても不知と主張されることがあるからです。郵便局では5年間内容と配達を証明してくれますので、万が一自分の控えが紛失しても安心できます。書く場合に専門家に委託する場合もありますが、手書きで自分で作成しても構いません。注意点としては一枚に書ける文字数が決まっているということです。一行に20字以内、一枚に26行以内と決められており、用紙に制約はありませんが、通常は市販されているものが使用されています。また、枚数によって証明料の値段が違ってくる事にも中止が必要です。

セクハラの証拠にできるものとしては、次のようなものがあります。
極めて重要な証拠となるのが、セクハラに該当する言動そのものを記録したものです。
加害者からのセクハラがメールで行われた場合は、この受信メールを消去することなく保存しておくことで、どの様なメッセージが残されているか見ることができ、セクハラ事実を示す証拠となります。そのメールの内容と同等に、メールや電話の着信記録は、相手の特定もできるため重要な証拠となります。たとえセクハラ行為時点の言動でなくても、加害者側がセクハラ行為を認めるような発言を残していれば、セクハラ行為を認める重要な間接事実となります
また、加害者から手紙などを受け取っていれば、その手紙もセクハラ行為を示す重要な証拠となります。

こうした物的証拠が少ない場合でも、セクハラの被害により精神的なダメージによる身体不調などがあれば、診察してもらい病院の診断書をもらっておきましょう。病院の診断書は証拠能力としてとても大きいものになります。

日記を書いておくのも証拠になります。セクハラ被害の内容について記載した日記というだけでなく、継続的に書かれている日記にセクハラ被害の状況や心境などが詳細に記載されていれば、信用性が高い証拠になります。
さらに、警察に相談をしておくのも重要です。警察に相談に行けば相談内容などを記録として残されますので、この記録もセクハラに対する証拠の一つとして使えます。

パワハラは、職場の上司や雇用主が、その立場を利用して精神的・身体的苦痛を与えたり、職場環境を悪化させるものです。具体的には、業務とは関係ない悪口や嫌がらせ、業務上の指導の行き過ぎや、侮辱的な評価、人事権を濫用した配置転換や退職勧奨などです。ただし、これらが全てパワハラとウェディング10認められわけではなく、悪口や嫌がらせ、退職勧奨の場合には継続的であったか、配置転換では、それによって受ける不利益の程度や不当性がポイントになります。
パワハラを裁判に訴えて、精神的ショックを受けたとして慰謝料請求をしたり、配置転換や降格処分がされた場合には、これらが無効であることを主張することもできます。また、会社の相談窓口に対応してもらう場合には、パワハラ専門窓口がなくても、セクハラやコンプライアンスの相談窓口に相談します。会社の社長に対して、内容証明郵便を送るという手段もあります。
パワハラを会社や裁判所に認めてもらうには、証拠を確保することが必要です。すぐに出来ることは、メモを作成して、パワハラを受けた日時と場所、内容や経緯などを詳しく記録しておくことです。その他、パワハラを目撃した第三者の証言の陳述書も証拠になります。精神的なショックを受けて心療内科などで診察を受けた場合には、医師の診断書も証拠になりますので取っておきましょう。

事件が起きた時、解決の糸口になるのは「証拠」です。
証拠は「そのままの状態」で残してある事が一番望ましいですが、「目で見た」場合もありますし、証拠がある場合に不利になる方が、「証拠隠滅」してしまう可能性もあるでしょう。
証拠には色々な物や形があり、時代背景と共にそのあり方も変わって来ています。
文書などは、紙ですので、破る事、ウェディング09燃やすことで証拠隠滅出来てしまいます。
これは、アナログな証拠ですが、現在は文書や契約書もデジタル化されていますので、コンピューターに情報が全て入っていると言う状態も珍しくありません。
そして、アナログな方法よりも、コンピューターに入っているデータの方が改ざんされやすいので、要注意です。
改ざんされないように配慮する事や、コンピューターに任せる部分と、手書きの物を分けておくなどの工夫が必要です。
そして車に乗る方なら、交通事故の場合の証拠をどのように残すか考えた事はありますか?
相手が居る場合、事故を起こした時はパニックから引き起こす「勘違い」や「思い違い」から、双方での証言が違うと言った状況に陥る場合があります。
そんな時、「動かぬ証拠」として一番的確なのが、「ドライブレコーダー」です。
どんな場面でも、この「動かぬ証拠」を提出出来るかどうかで、解決の出口が遠くなったり近くなったりします。

家庭内DVは、自宅の中で起きるために中々周囲にはわかりにくい部分があります。
また、こうした家庭内DVを受けているのが大半が女性になり毎日繰り返されることで洗脳状態になることも問題です。
一番多いのが、家庭内の場合は夫婦間で夫が妻に暴力をふるうことです。
その暴力を受けたときは、一番にすることは逃げることが大切です。
そして、その怪我に対ウェディング08しての医師の診断書をもらうことです。
また、そのときの怪我の写真のも撮っておくと裁判時に証拠として残せるます。
家庭内DVは、暴力だけが該当するのではなく言葉での暴言もそれにあたります。
強い口調で、毎日暴言をされると精神的に体にダメージを受けていきます。
このときに、出来るなら録音テープで録音ができるとさらに証拠としては確定します。
しかし、いつ暴言があるかわからないときは録音ができなくてもあとから、日記やメモでその言葉を残すことで記録となります。
その際に、精神科への受診記録も裁判では証拠として使用ができます。
家庭内DVは、暴力という名前の犯罪です。
あまり、怪我がひどいときは警察へいくことです。
とにかく、1番大切なことは自分の体を守ることです。
我慢をする必要は、ありません。警察でも、保護してくれます。

不倫・浮気の裁判で不貞行為の証拠として、スマートフォンなどで性行為を撮影した物や写真は、肉体関係を確認する事ができます。同じようにパソコンやスマートフォンなどでの、メールやり取りの中にウェディング07も、肉体関係の確認ができる物があるので、発見する事ができたなら、自分のスマートフォンなどを利用して、表示されている画面を撮影しておくと良いです。
また最近では、パソコンやスマートフォン以外にも、クラウドを利用して動画や画像を保存してある場合もあるので、仕事に使っていないような、怪しいクラウドがあればチェックしておくと良いです。
相手が特定されている場合には、相手側のSNS上に何かしらの情報がある場合もあるので、そちらでも情報を得た場合には、画面のスクリーンショットなどを保存しておくと良いです。もし、公開制限がされている場合には、自分の素性を明かさないように近づくか、知人や友人に協力してもらい、情報を得る事もできるので、相手のSNSアカウントを発見した時には、法律を犯さない範囲での情報収集が、裁判を有利に運ぶ材料探しに繋がります。
肉体関係の有無だけではなく、不倫・浮気の裁判では、精神的な関係の深さも重要な要素になるので、情報収集は重要です。