弁護人の役割とは?

弁護人というのは、被疑者または被告人が正当に権利を行使したり、また正当な利益を守ったりするための手助けとなる活動を行う人のことをいいます。
被疑者や被告人というのは、ただでさえ刑事事件で犯罪を行ったのではないかと疑われており、しかも法律上の知識に乏しいといった場合も少なくはありませんので、こうした制度が不可欠であるのです。
この制度においては、基本的には法律の専門家である弁護士のなかから選ばれることになりますが、大きく分けると私選、公選といった区別があります。
私選の場合については、被疑者・被告人本人やその法定代理人などが、個別に弁護士と契約を結んで依頼をすることになります。
いっぽう、公選の場合というのは、主として貧困などによって弁護士を依頼することができないという理由のため、裁判所が職権によって適当な弁護士を選び、その費用は国が負担するというものです。
また、被疑者・被告人は、身体的に拘束されており、外部と自由に文書などのやり取りをすることが原則としてできませんが、接見交通権とよばれる権利によって、これらの弁護士を通じて、面会をしたり、物や文書をやり取りしたりといったことは可能となっています。